So-net無料ブログ作成

鶴舞公園 [写真]


「植物園」

...

写っているのは祖母と母と叔母、撮影は祖父 昭和十年代始め (1935-) と思われる

使用寫眞機
http://blog.so-net.ne.jp/987/2006-05-09-1 
  

 この寫眞のガラス乾板 (6.5 X 9)

 MIZUNO PHOTO FACTORY  
 パンクロマチック ガラス乾板

いつくか使わずに残っている

乾板とは
http://www.kawasaki-museum.jp/photo_kizou/2000_kasakura/kanpan.htm 
撮影方法
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Expedition/02/img/02photo47.jpg


nice!(1)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 12

ナツパパ

すごいですねえ。カメラも機材も、拝見していてわくわくしてきましたよ。
乾板もそうなんですが、そのパッケージを初めて拝見しました。
一枚づつ暗いところで装填しなければならなかったんですね。
デジタルカメラに慣れた身には、とても大変そう...でも、そうやって大変な分、
シャッターを切るのも慎重だったのでしょう。良い写真ですね。
by ナツパパ (2006-11-08 08:37) 

tm-photo

貴重なお写真ありがとうございました。
保存方法がいいのでしょうね。
by tm-photo (2006-11-08 08:50) 

む〜さん

鶴舞公園の噴水の前で私の父が取った家族の写真が昔ありました。多分、名古屋の親戚の家に行った時のものでしょう。今は、何処へ行ったか判りません。カメラが小西六のパーレット、F6.8レンズ付きのベスト版のカメラでした。

多分、大東亜戦争勃発以前ですから、たぶん昭和15年ごろでしょう。そんな事を、懐かしく思い出させる、今日のページでした。
思えば私の写真好きは父のDNAなんでしょうね。そんな父が、あっちの世界に行ってしまってから、40年近い年月が流れました。

カメラも、小6時代の手作りカメラ、父のパーレット・・・・・・いろいろあって、最近では銀塩写真は撮らなくなった私です。
思い出に浸ってしまって、済みません!!
by む〜さん (2006-11-08 18:22) 

gop

>ナツパパさん
私も学生の頃、お金無くてシャッター一回切るのも真剣でした。
今では数打ちゃ当たる状態ですねぇ、それか良いのか悪いのか。
ガラス乾板は昭和9-10年頃、富士からも発売されている様ですが、
http://www.fujifilm.co.jp/history/dai1-05.html
この水野寫眞工業?はサイト探しても出てきません。
ご存知の方、ご教授願います。
by gop (2006-11-08 18:24) 

gop

>tm-photoさん
割れてしまったものもありますが、100枚位はありそうです。
貴重と思われる被写体は追々紹介させて頂きます。宜しくどうぞ。
by gop (2006-11-08 18:27) 

gop

>む〜さん
鶴舞公園の噴水、良くご存知ですね。今も残っています。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~stakers/arch/tturuma.html
む〜さんも父上のDNAを引き継がれている様で(^^
パーレットは有名ですね。
http://www.cosmonet.org/camera/pearlette.html
この時代、庶民の道具としてカメラはまだまだ高価だったと思うのですが、
今以上に夢のある趣味だったのでしょうね。羨ましい気もします。
あと2回ほど、続きがあります。宜しくお付き合い下さいませ。
by gop (2006-11-08 18:42) 

トロツキー・タナカ

すごいですね。カメラもフィルムのパッケージも・・
うちにあるニコンFがモダンに見えます。
また、鶴舞公園 植物園の写真の構図がいいですね。バックの
植物園の骨組みがいい感じです。
by トロツキー・タナカ (2006-11-08 19:51) 

’80XE PA96E

白黒の写真・・・。年代見たらうちの親父だけは生まれていた頃ですね。写真機もいかにも機材としての風格が漂ってますね。貴重な資料が何処からでてくるのか、感心して拝見しております。
PAnetに入ってるが如くコメントしておりまして、こちらこそ失礼が無かったかなって思っております。OCイベント以外にも色んな所に出没(主に西日本)しておりますので、近いうちお会い出来たらとこちらも思っております。
by ’80XE PA96E (2006-11-09 00:35) 

gop

>トロツキー・タナカさん
この植物園は東山公園に移転して、現在は存在しません。
私もこの温室は記憶に無いです。
その東山植物園の温室は日本最古との事で、先日重文指定されました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20061028ddm012040150000c.html
http://www5.ocn.ne.jp/~nhbg/
こちらは子供の頃から良く通った公園で感慨深いです。
園内には蒸気の狭軌最高速度記録を出したC6217が保存されています。
by gop (2006-11-09 05:25) 

gop

>'80XE PA96Eさん
名古屋も先の大戦で多くの地域が焼け野原になりました。
写真は空襲を受ける前、未だ平穏な時代だったのでしょう。
戦時中と思われる写真、乾板は無い様でした。
PAnetにもぜひいらして下さいませ、お待ちしております。
by gop (2006-11-09 05:39) 

樋口

う~~む・・・凄いモノをお持ちの様でビックリ。
 湿式と乾式の違いこそ有れ正に「ダゲレオタイプ」の流れを汲む逸品ですね。
所で珍しいカメラと言えば軍用のカメラは予算青天井だっただけにその作りも重厚。
流石に中古カメラ店では売ってませんのでマニアでも現物をご覧になった方は少ないのでは?
こちらで拝めます。
http://www.yokohamaradiomuseum.com/tenjitop.html
とは言えカメラマニアでは無く個人が運営されている旧軍用無線機の私設博物館で私も何度がお伺いしておりますし実は私が所有していた機材も少し寄贈させて戴きました。
 更に!この博物館には幻とも言われる本田宗一郎さんが手作りした「赤カブ」の原型となった陸軍用の発動発電機の本物も所蔵されておりつい先日本田技研から調査を兼ねて撮影隊が来館されたそうです。
 一般にも公開しておりますので興味の有る方は事前連絡の後尋ねて見て下さい。
「樋口に教えて貰った」と言って館主に伝えて戴ければ・・・・・「あそっ」って言ってくれると思います(自爆)。
by 樋口 (2006-11-10 22:06) 

gop

>樋口さん
これはCapitanoさんの領域の様な、私にはサッパリです。
樋口さんもここらはお詳しそうですねぇ、何をお持ちだったのでしょう。
そうそう大和ミュージアムには日本光学製測距儀レンズの展示があります。
日本のカメラは軍用技術のフィードバックがあってこそなんですよね。
by gop (2006-11-11 00:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。